災害対策の一環|赤字知らずの経営|業務効率を上げるには給与計算ソフトが断然早い
男性と女性

赤字知らずの経営|業務効率を上げるには給与計算ソフトが断然早い

災害対策の一環

会社

震災に対する対策

東日本大震災以降、企業は災害に対する意識が大きく変化しています。東日本大震災の時には、大きなダメージを受けています。被災地から遠く離れている首都圏でもダメージは大きかったのです。そして企業は様々な震災に対する対策を高じるよ卯になっています。従業員の安否確認もその一つです。安否確認は、災害が発生した時にあらかじめ登録された従業員のメールアドレスや電話番号に安否確認の通知を行うものです。返信は受け取った従業員が手作業で行います。返信までの時間は企業によってまちまちですが、一般的に数時間以内に返信するよう義務付けています。返信があることで安否を確認することができ、返信がなければ、何度も送り続けることで安全を確認することが目的となっています。

従業員の認識も必要

安否確認システムはすべて自動化されています。災害が発生した地域に該当する従業員のみに送る事ができるようになっています。このシステムが稼働したことはほとんどありませんが、多くの企業ではシステムの正常稼働を確認する試験を繰り返し行っています。しかし全国添加している企業では地域ごとに試験を行うため、まだ全面的に試験が完了していない地域もあります。そして一番心配なのは従業員の意識です。意識が低いと事前登録を行わない従業員も出てきます。安否確認は事前に登録がなされてこそ、その機能を発揮します。そのため登録されていることが前提なのです。登録数を向上させるために周知を行う場合もありますが、入社時に義務付けるなどの工夫も行う必要があります。