メンズ

業務効率を上げるには給与計算ソフトが良い|コスト削減にも繋がる

記事一覧

最新型の情報伝達ツール

システム

チャットシステムとは、ネットワーク上で離れたところにいる者同士がリアルタイムで情報のやり取りを行うことができる通信システムです。ビジネスミーティングや、ウェブ上での対顧客応答サービスなどに利用することができます。

もっと知ろう

会社のストレス

オフィス

ストレスチェックは、社内規定となるほど重要で必要なものになりました。ストレスが原因で様々な症状が起こり、会社に影響がでることになっていることが理由としてあげられます。また、早期発見で早期治療が必要です。

もっと知ろう

災害対策の一環

会社

企業では東日本大震災以降は災害対策を行うようになっています。従業員安否確認制度もその一つです。すべて自動化されており、災害に該当する地域の従業員に安否確認メールや電話がなされる仕組みです。これを成功させるには従業員の意識も必要なのです。

もっと知ろう

中小企業の総務業務

電卓

負担の大きい業務

中小企業は人員の都合上、独立した総務部門を置くことができないことが一般的です。従業員が2、3名であれば社長自ら総務に関する事務を行ってもさほど負担になりませんが、10名を超えてくるとさすがに手に負えなくなるのが現状です。総務事務の中でもっとも負担の大きい業務の一つに給与計算があります。給与計算はタイムカード等、従業員の勤怠データを元に残業や欠勤がないかを確認して従業員ごとの給与月額に加算減算を行い、そのうえで、源泉所得税や社会保険料を控除して、従業員の手取り額を求める作業になります。従業員が2、3名ほどであれば、電卓で計算し、市販の伝票に手書きをして給与明細を作成するという方法で給与計算を行うこともできますが、10名を超えてくると、別の手段を考える必要があります。

負担を減らす方法

給与計算の負担を減らすには、専用の給与計算ソフトを用いるという方法もありますが、外部に委託するという方法がベターです。給与計算の代行は社会保険労務士事務所や税理士事務所の他、総務業務専門のアウトソーシング業者などで行われています。外部に委託すれば、タイムカードなど従業員の月次の勤怠データを渡すことと、給与額の変更など、随時発生する変更情報を漏れなく伝えることに注意すれば、大幅な負担軽減を図ることができます。また、給与計算は社会保険手続き事務と連動している面があるため、社会保険手続事務も併せて委託すれば、より負担が軽減されることになります。多くの中小企業は給与計算を外部委託しており、余った人員を営業などの直接部門に配置することが可能です。